WASA 鳥人間プロジェクト


☆特集企画欄


私達早稲田大学宇宙航空研究会WASA鳥人間プロジェクトは、 毎年夏に琵琶湖で開催される「鳥人間コンテスト」への出場を目指し、日々人力飛行機を製作しています。
今回の理工展では、皆さんに鳥人間の活動や人力飛行機の迫力、またその楽しさや素晴らしさを知って頂くため、 今年7月に実際に琵琶湖で飛んだ機体を理工展用に修復しました。理工展1日目は機体の部分展示、2日目には全組展示を行います。 また、日々機体製作に携わっている部員が機体近くにおり説明等もします。
ぜひ鳥人間の面白さ、そして魅力をこの理工展にて肌で感じてください。


☆WASA鳥人間プロジェクトとは?


私達早稲田大学宇宙航空研究会WASA鳥人間プロジェクトは、毎年夏に琵琶湖で開催される「鳥人間コンテスト」への出場を目指し、日々人力飛行機を製作しています。 機体を製作するために、7つのパートに分かれて作業しています!
それぞれ、機体の揚力を生み出す翼を製作する翼班、推進力を生み出す唯一の部分であるプロペラを製作するプロペラ班、パイロットが乗るコックピット部を製作するフェアリング班、 電気の力で機体を操る電装班、機体の骨組みとなるフレームや、プロペラを回すための駆動部を製作する駆動・フレーム班、 機体設計をする設計者、真の鳥人間となるまで日々トレーニングに励むパイロットです。 WASA鳥人間プロジェクト全メンバーで、来年も「鳥人間コンテスト」出場を目指し、日々機体製作に励んでいきます!応援よろしくお願いします! また、HPやTwitterなどで私達の活動内容などをお伝えしているので、是非ご覧ください!

WASA鳥人間プロジェクト

☆企画内容


WASA鳥人間プロジェクトは2日間で以下のことを行います。

☆11月4日

理工展一日目は、61号館102教室で機体の部分展示としてコックピットやプロペラ 、翼の一部を展示します!また、私達の活動についてまとめたポスター展示も行います。

☆11月5日

理工展二日目には63号館エントランスホールを大々的に用いて、全長26mの機体の全組展示を行います。 実際に日々機体製作に携わっている部員が機体近くにおり説明等もする予定です。 ぜひ鳥人間の魅力をこの理工展にて肌で感じてみてください!


☆WASA鳥人間プロジェクト関連サイト


WASA鳥人間プロジェクト公式サイト
WASA鳥人間プロジェクト公式Twitter