WASA鳥人間プロジェクトとは?

私達WASA 鳥人間プロジェクトは、毎年7 月に行われる「鳥人間コンテスト」出場を目指して日々機体製作に励んでいます。

私達WASA鳥人間プロジェクトとは、機体のパーツごとに5つの班に分かれて機体製作をしています。全長約26 mもある翼を製作する翼班、推進力を生み出す唯一の部分であるプロペラを製作するプロペラ班、パイロットの命を守るコックピット部分の製作をするフェアリング班、機体を操る電装班、機体の骨組みを製作する駆動・フレーム班です。この班に加え,機体設計をする設計者、真の鳥人間となるまでトレーニングをするパイロットを含めた全メンバーで、来年も「鳥人間コンテスト」出場を目指し、日々機体製作に励んでいきます!

応援よろしくお願いします!

また、HPやTwitterなどで私達の活動内容などをお伝えしているので、是非ご覧ください!

企画内容

WASA鳥人間プロジェクトは2日間で以下のことを行います。

11月5日

理工展一日目は、61号館102教室で機体の部分展示としてコックピットやプロペラや翼の一部を展示します!また、各班による機体製作手順をまとめた模造紙展示も行います。

11月6日

理工展二日目には63号館1階のロビーを大々的に用いて全長26mの機体の全組展示を行います。実際に日々機体製作に携わっている部員が機体近くにおり説明等もする予定です。ぜひ鳥人間の魅力をこの理工展にて肌で感じてみてください!

LINK